-------------------------------------------------------------------
○東方神霊廟 ~ Ten Desires. 体験版

 体験版のキャラ設定とか

                 上海アリス幻樂団長 ZUN
                        2011/03/13
-------------------------------------------------------------------

===========================================
■1.キャラ設定
===========================================


---------------------------------------------------------
◇プレイヤーキャラサイド
---------------------------------------------------------

 ○楽園の巫女
  博麗 霊夢(はくれい れいむ)
  Hakurei Reimu

  種族:人間
  能力:主に空を飛ぶ程度の能力

  毎度お馴染みの巫女さん。博麗神社の巫女さん。

  何者に対しても平等に見る性格である。ただ、仕事は妖怪退治である
  為、妖怪に対しては厳しいポーズを取っているが、実際は人間にも妖
  怪にもさほど興味はない。

  神霊にしちゃあ随分とちゃちで雑多な霊に何らかの危機感を感じ、調
  査に出かける。放って置いて何か起きた時に神社の所為だと思われる
  と困る。

 ○普通の魔法使い
  霧雨 魔理沙(きりさめ まりさ)
  Kirisame Marisa

  種族:人間
  能力:魔法を使う程度の能力

  幻想郷に住む、普通な魔法使い。蒐集癖を持つ。

  ひねくれて見えるが、内実は誰よりも真っ直ぐ。いつも黒い服を着て
  いるが、それは魔法使いは黒だと思い込んでいるのと、汚れが目立た
  ないと言う理由から来ている。真っ直ぐである。

  神霊が人間の欲の塊である事に気付いた彼女。彼女の行動は純粋な好
  奇心。好奇心も欲である。

 ○山の新人神様
  東風谷 早苗(こちや さなえ)
  Kochiya sanae

  種族:人間
  能力:奇跡を起こす程度の能力

  妖怪の山にある守矢神社に住む巫女さん。妖怪退治は不慣れ。

  普段は神様と妖怪達に囲まれて暮している為、人間の話し相手が欲し
  いと思っているが、麓の人間は妖怪染みた人間ばかり。
  そのうち、自分のああなるのかと少しだけ心配している。
  でも、現人神と慕われただけあって妖怪にも劣らないが、少々惚けた
  所もある。

  神霊は神社にとって重要な霊。人間の信仰心を煽るにはこういった神
  霊を集める事が重要だと考えている。

 ○半人半霊の庭師
  魂魄 妖夢(こんぱく ようむ)
  Konpaku Youmu

  種族:人間と幽霊のハーフ
  能力:剣術を扱う程度の能力

  冥界の庭師兼、西行寺幽々子の剣の指南役。

  白玉楼のもの凄く広い庭の整備を担っている為、毎日の業務が大変。
  素直で真面目だが、騙されやすい。最近は幽霊騒ぎが落ち着き始めて
  少し平和ボケしている。

  突如として現れた奇妙な霊、神霊は人間の欲の具現した物であった。
  その存在は希薄ですぐに消えてしまう物だったが、これ以上霊関係で
  騒ぎが起きて欲しくない彼女は調査に出かけた。

---------------------------------------------------------
◇敵キャラサイド
---------------------------------------------------------

 ○1面ボス 戸惑わない亡霊
  西行寺 幽々子(さいぎょうじ ゆゆこ)
  Saigyouzi Yuyuko

  種族:亡霊
  能力:死を操る程度の能力

  冥界のお嬢様で妖夢のご主人様。
  神霊には大した関心も無いが、何やら神霊が向いている方向に少し興味
  があった。
  その先は新しく出来たばっかのお寺、命蓮寺だった。欲を殺す修行をし
  ている輩が、欲の塊である神霊だなんて……。
  とてもお寺の仕業だとは思えない。

  そう考えていた時だった。

  人間が自分の元に神霊の調査に来たのだ。その人間を見て、自分が出る
  までもないと安心して彼女は花見を続ける事にした。

 ○2面ボス  読経するヤマビコ
  幽谷 響子(かそだに きょうこ)
  Kasodani Kyouko

  種族:山彦
  能力:音を反射させる程度の能力

  山に登ったときに「ヤッホー!」と大声をだした事があるだろうか。
  その時「Yahoo!」と発音の良い返事が返ってきたら、それは妖怪山彦
  の仕業である。

  彼女は山に棲み、どこからか楽しげな声が聞こえると、大声を出して
  返事で応えてあげるノリのよい妖怪である。

  最近は「ヤマビコは音波が反響しているだけだぜー」なんていう迷信
  が流行しているため、彼女は世俗に空しさを覚え仏門に入る事にした。

  彼女の能力はお経を唱えることと相性が良い。毎日、山で読経したり
  している。

  その所為で最近では「誰も居ない山でお経を唱える声が聞こえる」と
  怖がられるようになり、妖怪としての面目を保つことになった。

 ○3面中ボス  お困りの忘れ物
  多々良 小傘(たたら こがさ)
  Tatara Kogasa

  種族:唐傘お化け
  能力:人間を驚かす程度の能力

  お寺の周りをフラフラしている妖怪傘。
  唐傘お化けと墓地の相性は良く、殆どの時間墓地で暮している。
  何故なら、街中では驚いてくれない人間でも、お墓参りに来ているときは
  簡単に驚いてくれるのだ。やったね。凄いね。

  しかし、そんな幸せ絶頂の彼女にも事件が起きた。

  墓地の奥で見た事もない妖怪が現れ、我が物顔で近寄らせないようにし
  始めたのだ。


  その妖怪とコンタクトを取ろうとしたが、全く会話にならず、危険を
  感じた彼女は、その妖怪を強制的に追い出そうとした。

  しかし暖簾に腕押し。糠に釘。
  いくら攻撃しても手応えが感じられず、結局逃げ帰ってきてしまった。


  お寺の連中に助けを求めようかとと逡巡していると、見た事のある人間が
  やってきたのだ。かつて何度か戦った事のある人間だった。

  「きっとあの妖怪を倒しに来たんだわ」そう思った彼女は、思い切って
  お願いする事にした。


  それがこのざまである。

 ○3面ボス  忠実な死体
  宮古 芳香(みやこ よしか)

  種族:キョンシー
  能力:何でも喰う程度の能力
     (人間は一部を喰われると一時的にキョンシーになってしまう)


  何者かに蘇生させられた謎の死体。
  操り人形として大切な何かを守っている。

  異常な力と痛みを感じない肉体で、まともにやり合うとえらい目にあうが、
  思考回路は前時代のコンピュータ並である為、逃げることは容易い。

  彼女の闘いでは傷つくと霊を喰らい体力を増幅させる為、中々倒すことが
  出来ない。だが、逃げることは容易い(大切な事でした)


  彼女の体は非常に硬く、関節が曲がらない。まともに歩けない。
  操り主は彼女に、柔軟体操を勧めている。柔軟性がない状態で運動をすると
  怪我をしてしまうからである。ゾンビだけど。


  彼女は一体何を守っていたのだろうか。
  そしてこんな無意味な番人を置いた、彼女の主とは?


  それは製品版にて!