--------------------------------------------------------------------
○東方緋想天 ~ Scarlet Weather Rhapsody.

あとがきとか色々



上海アリス幻樂団長ZUN
2008/05/25

===========================================
■0.設定の目次
===========================================
■1.キャラ設定
■2.曲のコメント


*この先は、エンディング以降に係わる強烈なネタバレがあります
クリアしたか諦めたか、そもそもどうでも良い方のみ見てください


この先、一千里


===========================================
■1.キャラ設定(新しいキャラのみ)
===========================================

*この設定は、ゲーム開発初期段階であくまで参考という形で黄昏さんに
提出したものの一部です。
二年以上前のテキストなのでちょっと古いかも。


○伝統の幻想ブン屋
射命丸文(しゃめいまるあや)

種族:天狗(鴉)
住家:妖怪の山
能力:風を操る程度の能力

むしろ、動くことがその物が風と言ったところ。
風に乗って飛び、風の声を聴き、自在に風を起こす。

風の噂を掴む事も得意。

性格:頭脳明晰、人前では丁寧な態度を見せる。非好戦的。

彼女の思考能力は非常に高く、それが真実かどうかはともかく、人の
何倍ものスピードで考えを巡らす。
何を考えているのか予想することは非常に困難。その上、表面上は相
手のレベルに合わせてくるため、一緒にいる誰もが居心地の悪い気分
になる。

戦うことは余り好きではないが、喧嘩を売って歩いている。ただ元々
敵う相手ではないのでその喧嘩を買う者は少なく、泣き寝入りするば
かりである。

○狂気の赤い瞳
鈴仙·優曇華院·イナバ(れいせん·うどんげいん·いなば)

種族:月の兎
住家:永遠亭
能力:狂気を操る程度の能力

光が波で出来ているというのは一見常識のようだが、それだけでは全ての視覚
は語れない。
空間、その物が波であり、そこに住む生物、物質、勿論、光も波で出来ている。

当然、生き物の思考も感情も波で出来ていて、その波長が異なる事で性格の差
が生まれるのである。

鈴仙はその波を弄る。

波長が短くなれば狂気が見えてきて、波長が長くなれば暢気が見えてくる。
そして、完全な逆位相を取れば……相手の全ての感覚から姿を消し、認識でき
なくなるのである。


性格:狂気と暢気の持ち主。戦闘とそれ以外の性格が異なる。

元々、地上の生き物では無いため、人間と合わせる事は少ない。全て自分の都合
で性格を変える。

決して優しい性格ではないが、時には霊夢並みに惚けた一面を見せる。

○三途の水先案内人
小野塚小町(おのづかこまち)

種族:死神
住家:地獄
能力:距離を操る程度の能力

特に道の長さが変わる。
距離は見た目の距離も弄るので、近づいていようと遠ざかっていよう
と、一定の距離の位置にいるように見せることが出来る。

追っても近づかず、逃げても離れずで人間に恐怖心を与える。

性格:気前がよいが、調子がよい。

明るく、江戸っ子っぽい気前の良さがある。
ただ、仕事はサボりがちだが、悪びれた様子を見せることは無い。

相手をおだてたり、小咄をしてみたりと一緒にいると楽しい。

これは、死神全般の性格ではなく、彼女の性格。
死神にも色々な者がいる。

○美しき緋の衣
永江衣玖(ながえいく)

種族:妖怪(竜宮の使い)

龍の世界と人間の世界の間に棲む妖怪。
偶に、形跡や死体を人間に見つけられることがあるが、滅多に生きたままの姿を現す事はない。
龍の言葉を理解し、重大な内容だけ人間や妖怪に伝えると言われる。

非常に長い羽衣の縁は自ら緋色に光り、えも言われぬ美しさを持っている。
この羽衣を人間が纏うと、空を飛べると言われている。


住家:雲の中

人生の大半を雲の中で泳いで暮らしている。
特に何をするでもなく、ただ優雅に泳ぎ、龍神の様子を見守っている。
その為、人間に害を与える事も殆ど無い。


能力:空気を読む程度の能力

その場の特性をすぐに把握し、すぐに馴染む事ができる。
余程の事がない限り場を乱す行動は取らない。

柔よく剛を制す。
時には自分の存在を消し、全ての攻撃を受け流す。


性格:どんな場でも主役になる事はない。面倒くさがり

常にのんびりとしていて、相手の行動に興味がない。
自分の主張を押し通す事は少なく、他人の行動を見守ることが多い。

○非想非非想天の娘
比那名居天子(ひななゐてんし)

種族:天人くずれ

天界に棲む不良天人。

比那名居家は元々は地震を鎮める要石を護る神官であった。

だが、比那名居家の要石の存在も虚しく地震は頻繁に起こった。
その度重なる地震により地震を担っていた天人、大村守(おおむらのかみ)
の仕事が追いつかず、幻想郷一帯の地震は当時、大村守に遣えていた
名居(なゐ)一族に任すこととなった。

名居一族は地上の神官であったが、死後に名居守(なゐのかみ)と呼ばれ、
神霊として山の池の畔にある小さな祠に祀られる事となった。
名居守は今も静かに幻想郷を見守っているのである。

それと同時に、生前の名居守の部下であった比那名居(ひななゐ)一族
も、その功績をたたえられ、天界に住むようになった。

だが、比那名居一族は他の天人とは異なり、修行を積んだわけでも無く、
ただ名居守に遣えていただけだったので、天人としての格を備えておらず、
天界では不良天人とすら呼ばれていた。

比那名居地子(ちこ)は名居守に遣えていた親のついでに天人になった
だけの、幼い子供だった。

その地子は、天人になった時に天子(てんし)と改名した。
天子は、天界での自分の処遇が気に入らず、度々幻想郷を覗いては里の
人間や妖怪達を羨ましく思っていた。

そんなある日、幻想郷の妖怪達が自分の力を使って異変を起こし、幻
想郷で騒ぎを起こして楽しんでいるのを見た時に、天子は強く思った。

「もう、退屈な天人暮らしなんて耐えられない!
私だって、異変くらい起こせるのに」

天子は家を飛び出した。
天界の道具である緋想の剣(ひそうのつるぎ)を持ち出して……


住家:天界
能力:大地を操る程度の能力

地震を鎮めたり、地震を起こしたり出来る。
有効範囲は狭いが、幻想郷内なら遠隔地でも揺らすことが出来る。
さらに、地盤沈下や土砂崩れなどの災害もお手の物。

また、幻想郷に要石を挿したり、取り除いたり出来るのも、
比那名居一族だけである。

要石を取り除くと、幻想郷全体の地盤を揺るがす事が出来るという。


緋想の剣の能力:気質を見極める程度の能力

緋想の剣は、必ず相手の弱点を突く事が出来る、天人にしか扱えない
剣である。
この剣はまず相手の気質を霧に変え、誰の目にも見えるような形に
変える。そして、その気質の弱点である性質を纏う。

緋想の剣が見せる気質の形とは、天気の事である。
緋想の剣で斬られた気質は緋色の霧となり、天気を変えるのである。

天子は緋想の剣と要石さえ有れば、天、地、人全てを操る事が出来る
と思っている。


性格:温室育ちで、自分勝手。有頂天。

およそ天人とは思えない程俗っぽく、威厳がない。
それもそのはず、本人には天人である自覚はなく、親が仕えていた
神官が神格化し、そのおまけで一族もろとも天人になっただけだか
らである。

恵まれすぎた環境は、遊び盛りの天子にとっても悪影響でもあった。
相手の事を考えない行動もまさにそれである。

自分の能力に絶対の自信があり、能力を人に貶されると激昂する。

====================================================================
■2.曲のコメント
====================================================================
 今回は音楽室でコメントが無いのでここで

 ・黒い海に紅く ~ Legendary Fish

  永江衣玖のテーマです

  結構昔の話ですが、水族館でリュウグウノツカイのミイラを見ました。
  写真では見た事はあったのですが、やはり実物を見るとインパクトが
  違います。平べったくて異常に長い不思議な魚です。
  その異形な魚は、とてもこの世の物とは思えなません。

  そんな衣玖のテーマ曲です。

 ・有頂天変 ~ Wonderful Heaven

  比那名居 天子のテーマです。

  もの凄く我が儘で自分勝手なキャラをイメージしてました。
  その我が儘さと言えばレミリアとタメをはれる程度。

  本当の天界は悟ってしまったような人格者ばかりなのですが、中には
  こういう不良もいる訳です。
  でも、不良の方が人間味があります。逆に言えば、彼女は天界のオア
  シスかも知れませんね。

  まあ曲とは余り関係無いんですけどね。

 ・幼心地の有頂天

  ラストスペルのテーマです。

  有頂天変を自分なりに宇宙っぽくしました。
  宇宙といえばパイプオルガンですよね。