-------------------------------------------------------------------
○弾幕アマノジャク ~ Impossible Spell Card.

 あとがきとか

                 上海アリス幻樂団長 ZUN
                        2014/05/11
-------------------------------------------------------------------

====================================================================
■1.あとがき
====================================================================

 どうも、ZUNです。
 いやー、何とかCD焼きまで漕ぎ着けたようです。通常のゲームよりも
遥かに開発期間が短い為、開発開始した瞬間に既に修羅場、といった感じ
でした。何せ実作業に着手してから一ヶ月経って無いですから……。

 そんなエクストリーム開発も、作っている時は本当楽しいんですよ。生き物
のように変化していくプロジェクトを育てるのは、まるで愛玩動物の様です。
もっとも、こちらは自分が動かなければ一切変化してくれませんが。

 さてさて、弾幕アマノジャク、如何でしょうか?
 古典的弾幕に古典的装備システム、成長、学習、そしてクリア体験……。
 細かいシステムには一切目新しいものはありません。ですが、全体を眺めて
みると他に類を見ないゲームとなっていると思います。もしかしたら、本当の
オンリーワンというのは、こういう地味なところに埋まっているのかも知れな
いですね。

 良いゲーム体験の一つに、目標に対して工夫して、努力して、そして根気よ
くプレイする事で乗り越えられる。そんな体験があげられるかと思います。
このゲームはそこに重点を置きました。
 しかし最近は努力の部分がランダムに偏るゲームが多くなってませんか?
 やれスーパーレアだのレジェンドだの……。ランダムで可愛い絵と、それに
付随するパラメタを無限のアップデートで集め続けるゲームには……、僕はもう、
ちょっと限界を感じるようになりました。もう真剣にゲームをしなくなった大人
の暇つぶし、と考えてますが、この世の中がそんなゲームばかりになってはお酒
も不味くなってしまいそうです。

 特に若いうちはゲームにおけるいい成功体験をしておかないと、将来のゲーム
クリエイターは生まれないかもしれません。いや、ゲームじゃ無くてもクリエイ
ティブな人間にならないかも……なんてすら思ってしまいます。
 このゲーム、難易度は高いですが、是非若い人にもプレイして頂きたい物です。


 なーんて偉そうに言うけど、難しすぎてクリアなんて出来ないじゃん。

 いやーごもっとも。
 アマノジャクですからね。

 一応ヒントを、終盤は、使えるアイテム選びとアイテムレベルが物を言います。
 後は根気と運、それだけですな。


   ZUN(開発中、もっとも実質プレイ時間の割合が多いゲームでした。へとへと)











主人公は東方輝針城の敵キャラクターです。
本ゲームのストーリーは輝針城の後日談的な内容です。
一応、東方輝針城の設定を乗せておきます。

 ○主人公 逆襲のあまのじゃく
  鬼人 正邪(きじん せいじゃ)
  Kijin Seija

  種族:天邪鬼
  能力:何でもひっくり返す程度の能力

  下克上を企む天邪鬼。
  天邪鬼は鬼ではなく、ただの捻くれた妖怪である。

  彼女は常日頃から人とは逆の事を考えていた。
  人が嫌がることを好み、人を喜ばせると自己嫌悪に陥る。
  命令は絶対に聞かない。自分が得しても見返りは与えない。
  人間、妖怪に嫌われるのは当たり前だったが、彼女は嫌われると喜ぶのだった。

  そんな彼女の野望は、幻想郷をひっくり返すことだった。
  今の強者が支配する安定した幻想郷をぶちこわし、弱者が物を言う世界に
  変えたかったのだ。

  しかし、彼女にはそれだけの力が無かった。
  そこで目を付けたのが小人の秘宝『打ち出の小槌』だったのだ。