--------------------------------------------------------------------

○ダブルスポイラー ~ 東方文花帖


上海アリス幻樂団長ZUN
2010/03/14

--------------------------------------------------------------------<

===========================================

■1.おまけのあとがき

===========================================<

初めまして、ZUNです。

ダブルスポイラーという不思議なゲームを遊んで頂き誠に有難うござい
ます。
どう?難しかったでしょ?
このゲームの位置づけはファンサービスといった感じですので、このゲ
ームから東方を知った、ってひとはほぼいないと思います。
だから、いつもより難易度高めにしてあります。

みたいな書き方すればそれっぽいと思っていますが、実はそんなに難し
くないですよねー(本音)
慣れた人にとってはステージ数が有りすぎて連続して遊べないだけで、
それぞれのステージはそこまで苦労しないかと思います。


あ、そうそう、今回からカメラが傾けられるようになりました。そのお

陰で弾消しがかなり自然な感じになって気持ちよく感じらると思います。<

ちなみにこのゲームの攻略のポイント。

1.「順番通りのクリアに固執しない」

ドツボにはまると同じシーンで死にまくってしまいます。
そういう時はさっさとそのシーンを諦めて別のシーンに挑みましょう。
忘れた頃に戻って挑戦すれば、あっさりクリア出来たりします。

2.「最後の一枚は粘らない」

LASTの表示が出たら、あと一枚撮影すれば終了ですので、撮影後
の避けを考える必要がありません。
大抵、最後は攻撃が激しいので、溜まったらさっさと望遠で倒してし
まいましょう。

3.「ちょい低速押し撮影」

高速でボスに近づいて、一瞬低速を押して撮影するとボスの方を撮影
できます。前作から有ったテクニックでしたが操作性が悪かったので
余り有効ではありませんでした。
今回は、低速と撮影を同時押ししてすぐに低速だけ離しても撮影でき
るようになって使いやすくなりました。

慣れれば瞬時にボスの方向を撮影できます。<

……


白々しくあとがきを書いてますが、最後まで遊んでない方でネタバレを
気にする方はここら辺でこのテキストを読むのを止めた方がいいと思いま
す。

ちなみに「スポイラー」って「ネタバレ」という意味もあるんですよね。



それではこれを書き終わったらロマンスカーにて温泉へ旅立ちます。
探さないでください。


(*この先ゲーム内容のネタバレを含みます。

気にする方は見ない)<

さてさて、皆さん、レベルスポイラーまで遊んで頂けたでしょうか?

前作みたいに終わりがはっきりしないと余りにもマゾゲー過ぎるので、
今回は一応の終わりを用意しました。
レベルスポイラーを全てクリアすることで、取り敢えずこのゲームは
一応のエンドを向かえるという形になっています。

レベルスポイラーを出すまでが本編で、スポイラーは後日談の様な形
です。もしまだ未プレイでしたら、レベルスポイラーが出るくらいまで
は頑張ってみましょう。
レベルスポイラーのプレイ条件は(ゲーム中に書いてありますが)
「レベルエキストラを3シーン以上クリア且つ
全体で58シーン以上クリア」
です。


最後の展開は秘かに熱いものになってますよね(笑)
ライバル同士が技を見せ合う感じを思い浮かべてプレイして頂ければ
ちょっと嬉しいです。



それ以降は余力があったら、クリアしていないシーンをちまちま埋めた
りするのも良いでしょう。
また、第二の記者を使ってシーンをクリアするのも良いでしょう。

第二の記者は全体的にみれば文より簡単にクリア出来ると思います。
(ただ、一部のシーンはかなり難しくなりますが……)



あと、これはお約束ですが最後にキャラ設定を書いておきますので

気になる方は見たり見なかったり。<

○今どきの念写記者

姫海棠はたて
Himekaidou Hatate

種族:鴉天狗
能力:念写をする程度の能力


彼女は新聞記者なのだが、外へ取材に出かける事は無かった。
何故なら彼女は念写で写真を撮り、その写真を元に記事を書いていた
からである。

念写とは、はたての持っているカメラにキーワードを入れるとそれに
ちなんだ写真が見つかるという物だった。

はたてはそれを便利に思い、家から出る必要性を感じなくなってしま
ったのだ。

彼女の書く新聞、「花果子念報」は余り人気が出なかった。
それはそうだろう。彼女の書いている記事は既に何処かで聞いたこと
のある出来事ばかりだったのだ。
念写では情報のスピードと新鮮さに問題があったのだ。

そんな時、彼女は文の書いた「文々。新聞」に目を付けた。

「こんなに出鱈目の記事なのに、不思議と魅力があるのは何故だろう。
他の新聞とネタが被らないのは何故だろう」

彼女はその秘密を探りに文の後を付けたのだった。



彼女はそこで文の秘密を知った。

事件を記事にしているのではなく、文が事件を起こしているのだと。<